コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャミーリ Shamil’

1件 の用語解説(シャミーリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャミーリ【Shamil’】

1797‐1871
北カフカスダゲスタンチェチェンの山岳諸民族の解放闘争の指導者。アバール人の自由農民の子。1820年代,北カフカスの解放闘争の主力となったのはロシア植民地化政策に対する聖戦を唱える戦闘的教団であった。彼らは,イスラムの一宗派ミュリディズムを奉じ,宗教的指導者イマームの絶対的権威の下で解放闘争を行い,20年代末~30年代初めにダゲスタン,チェチェンにイマーム国家を建設するにいたった。シャミーリは初代イマームのカジ・マホメットとともにこれを指導,34年3代目イマームとなり,以後25年間にわたり,ロシア・ツァーリ軍に対し幾多の勝利を収め,イマーム国家の教権・俗権の最高指導者として君臨した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシャミーリの言及

【ダゲスタン[共和国]】より

…諸小国が分立したダゲスタンをめぐる角逐は,その後も続き,1813年の条約によりロシアへの併合が確定した。イスラム神秘主義の一派であるミュリディズムを奉じる戦闘的教団が主導する北カフカス山岳諸民族の解放闘争は,30年代にダゲスタン,チェチェンにイマーム国家を形成するに至り,59年,その指導者シャミーリの降伏まで続いた(〈カフカス〉の項参照)。60年,ロシア帝国はダゲスタン州とし,帝国の支配機構を導入,90年代にはウラジカフカス鉄道を敷設。…

【チェチェン[共和国]】より

…1818年ロシア帝国は要塞グロズナヤ(現在の主都グロズヌイ)を建設した。イスラム神秘主義の一派ミュリディズムを奉じる戦闘的教団が主導する北カフカス山岳諸民族の解放闘争は,30年代にダゲスタン,チェチェンにイマーム国家を形成するに至り,その指導者シャミーリの降伏(1859)まで続く。19世紀末にウラジカフカス鉄道が敷設され,グロズヌイの石油産業が発展する。…

※「シャミーリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャミーリの関連キーワードカフカスカフスボタン蒸かすふかふかКавказカフカス山脈カフカスの火薬庫ダゲスタンレフカスの原人北カフカス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャミーリの関連情報