コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラ・オッソ・ゴル遺跡 シャラ・オッソ・ゴルいせきSjara-osso-gol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラ・オッソ・ゴル遺跡
シャラ・オッソ・ゴルいせき
Sjara-osso-gol

中国,内モンゴル自治区の南西部,オルドス地域のシャラ・オッソ河畔にある後期旧石器時代の遺跡。1923年から翌 1924年にかけて,E.リサンやピエール・テイヤール・ド・シャルダンらによって発見,調査された。河面から 7mの高さの河崖で,多量の石器と化石獣骨が出土した。石器は小型のものが多く,尖頭器掻器,彫器が含まれ,獣骨はシカ,カモシカが最も多く,全部で 45種の脊椎動物が報告された。リサンらは中期旧石器時代に年代づけた。また,この遺跡の周辺で,化石人類の歯,大腿骨,上腕骨が発見され,ネアンデルタール人に近い要素をもっていると指摘された。1956年に汪宇平らが,再度,シャラ・オッソ河畔の滴哨溝湾付近で,同種の小型石器,石片と化石獣骨を発見し,さらに周辺で化石人骨の頭骨,大腿骨を採集した。裴文中の新しい知見によれば,これらの遺物群の年代は更新世末期であり,リサンらの説は訂正された。そして化石人骨についても,ネアンデルタール人とはなんの関係もなく,新人類の特徴を備えているという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャラ・オッソ・ゴル遺跡の関連キーワードオルドス文化

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android