コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル・ダンジュー Charles d’Anjou

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル・ダンジュー【Charles d’Anjou】

1226‐85
フランスルイ8世の子。アンジューとメーヌの伯。結婚によってプロバンスを獲得してさらにピエモンテに勢力を拡大。ホーエンシュタウフェン家(シュタウフェン朝)と対立している教皇庁からシチリア王位を与えられ(1259),イタリアに南下してベネベントフリードリヒ2世の子マンフレディを破って南イタリアの支配権を得た(1266)。彼はイタリアと南フランスを基盤に大地中海帝国を建設する野心を抱き,兄のルイ9世(聖ルイ)とともにチュニスを攻撃し(1270),コルフ島ドゥレスを征服してアルバニア王,エルサレム王を称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシャルル・ダンジューの言及

【シチリア王国】より

…この時代がシチリア王国の最盛期である。フリードリヒの死後,その子マンフレディが王を称したが,フランスから南下したシャルル・ダンジューが圧倒的な軍事力によってこれに取って代わった(1266)。フリードリヒと厳しく対立していた教皇庁が,シチリア王国に対する宗主権を主張して彼をシチリア王に招いたのである。…

※「シャルル・ダンジュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャルル・ダンジューの関連キーワードルイ[9世]アルビジョア十字軍キリスト教系教会九条頼経謝枋得専修寺フランチェスコ僻案抄無学祖元無住道暁