コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルル・ダンジュー Charles d’Anjou

1件 の用語解説(シャルル・ダンジューの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャルル・ダンジュー【Charles d’Anjou】

1226‐85
フランスルイ8世の子。アンジューとメーヌの伯。結婚によってプロバンスを獲得してさらにピエモンテに勢力を拡大。ホーエンシュタウフェン家(シュタウフェン朝)と対立している教皇庁からシチリア王位を与えられ(1259),イタリアに南下してベネベントフリードリヒ2世の子マンフレディを破って南イタリアの支配権を得た(1266)。彼はイタリアと南フランスを基盤に大地中海帝国を建設する野心を抱き,兄のルイ9世(聖ルイ)とともにチュニスを攻撃し(1270),コルフ島ドゥレスを征服してアルバニア王,エルサレム王を称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシャルル・ダンジューの言及

【シチリア王国】より

…この時代がシチリア王国の最盛期である。フリードリヒの死後,その子マンフレディが王を称したが,フランスから南下したシャルル・ダンジューが圧倒的な軍事力によってこれに取って代わった(1266)。フリードリヒと厳しく対立していた教皇庁が,シチリア王国に対する宗主権を主張して彼をシチリア王に招いたのである。…

※「シャルル・ダンジュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャルル・ダンジューの関連キーワードフィリップフレンチフランス窓マリーアントワネットサンルイジデイフランチェージ教会ファルツ継承戦争フランス刺繍フランスソワールブルボン王朝ルブルック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone