シャルル・ダンジュー(英語表記)Charles d’Anjou

世界大百科事典 第2版の解説

1226‐85
フランス王ルイ8世の子。アンジューメーヌ。結婚によってプロバンスを獲得してさらにピエモンテ勢力を拡大。ホーエンシュタウフェン家(シュタウフェン朝)と対立している教皇庁からシチリア王位を与えられ(1259),イタリアに南下してベネベントでフリードリヒ2世の子マンフレディを破って南イタリアの支配権を得た(1266)。彼はイタリアと南フランスを基盤に大地中海帝国を建設する野心を抱き,兄のルイ9世(聖ルイ)とともにチュニスを攻撃し(1270),コルフ島ドゥレスを征服してアルバニア王,エルサレム王を称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャルル・ダンジューの言及

【シチリア王国】より

…この時代がシチリア王国の最盛期である。フリードリヒの死後,その子マンフレディが王を称したが,フランスから南下したシャルル・ダンジューが圧倒的な軍事力によってこれに取って代わった(1266)。フリードリヒと厳しく対立していた教皇庁が,シチリア王国に対する宗主権を主張して彼をシチリア王に招いたのである。…

※「シャルル・ダンジュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android