シャンツェ(英語表記)Schanze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンツェ
Schanze

ドイツ語でスキーのジャンプが行なわれる競技台。英語ではジャンピングヒル jumping hillという。スタート,助走路,踏み切り,着地斜面,アウトランからなる。規模はヒルサイズ HSにより区分される。日本では北海道札幌市の大倉山ジャンプ競技場 (大倉山シャンツェ) ,外国ではノルウェーのオスロ近郊にあるホルメンコーレン (→ホルメンコーレン大会 ) のシャンツェが観光地としても知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャンツェ

ドイツ語でSchanze。スキーのジャンプ競技の跳躍台。助走斜面(アプローチ),踏切台(カンテ),着陸斜面(ランディングバーン)からなる。自然の地形を利用したものと,やぐらを組んでつくったものがあり,規模(距離)もノーマルヒル(75〜90m),ラージヒル(90〜105m)などのほか,フライング競技などに利用されるものには180mの台もある。
→関連項目ノルディック競技

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シャンツェ【Schanze】

スキーのジャンプ台。助走路・踏み切り台・着地斜面からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シャンツェ

〘名〙 (Schanze) スキーのジャンプ台。《季・冬》
※通学物語(1941)〈渋沢秀雄〉「その日同君が第二回目を飛ぶためにシャンツェの上で待ってゐると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシャンツェの言及

【スキー】より

…30km以上の競技では,飲物や軽い食事を用意した給食所を途中に設ける。(2)ジャンプ競技ski jump ジャンプ台(シャンツェ)の助走路(イン・ラン)を高速で滑り,踏切台で空中へ跳び出し,空中に放物線を描いて,飛型と飛距離を競う。空中の前半ではスキーを上向きにし,放物線の最高点をできるだけ前方にするように,ついで,身体の前傾角度を深くして失速を避ける。…

※「シャンツェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャンツェの関連情報