コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンツェ(英語表記)Schanze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンツェ
Schanze

ドイツ語でスキーのジャンプが行なわれる競技台。英語ではジャンピングヒル jumping hillという。スタート,助走路,踏み切り,着地斜面,アウトランからなる。規模はヒルサイズ HSにより区分される。日本では北海道札幌市の大倉山ジャンプ競技場 (大倉山シャンツェ) ,外国ではノルウェーのオスロ近郊にあるホルメンコーレン (→ホルメンコーレン大会 ) のシャンツェが観光地としても知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャンツェ

ドイツ語でSchanze。スキーのジャンプ競技の跳躍台。助走斜面(アプローチ),踏切台(カンテ),着陸斜面(ランディングバーン)からなる。自然の地形を利用したものと,やぐらを組んでつくったものがあり,規模(距離)もノーマルヒル(75〜90m),ラージヒル(90〜105m)などのほか,フライング競技などに利用されるものには180mの台もある。
→関連項目ノルディック競技

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シャンツェ【Schanze】

スキーのジャンプ台。助走路・踏み切り台・着地斜面からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のシャンツェの言及

【スキー】より

…30km以上の競技では,飲物や軽い食事を用意した給食所を途中に設ける。(2)ジャンプ競技ski jump ジャンプ台(シャンツェ)の助走路(イン・ラン)を高速で滑り,踏切台で空中へ跳び出し,空中に放物線を描いて,飛型と飛距離を競う。空中の前半ではスキーを上向きにし,放物線の最高点をできるだけ前方にするように,ついで,身体の前傾角度を深くして失速を避ける。…

※「シャンツェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャンツェの関連情報