シャールクネアーラム廟(読み)シャールクネアーラムビョウ

デジタル大辞泉の解説

シャールクネアーラム‐びょう〔‐ベウ〕【シャールクネアーラム廟】

Tomb of Shah Rukn-e-Alam》パキスタン中部、パンジャブ州の都市ムルタンにある霊廟。14世紀に中央アジアでイスラム教を広めたスーフィーシャー=ルクネッディーンを祭る。はじめトゥグルク朝の王が自らの墓所として建造したが、のちの王によりこのイスラム聖者の墓所になった。名称は彼の称号「世界の柱」を意味する。外壁は青色のガラスをはめ込んだ象嵌(ぞうがん)による装飾が施され、高さ33メートルのドームをもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる