シュエモードーパゴダ〈バゴー〉(英語表記)Shwemawdaw Pagoda 〈Bago〉

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュエモードーパゴダ〈バゴー〉【シュエモードーパゴダ〈バゴー〉】
Shwemawdaw Pagoda 〈Bago〉

ミャンマー南部のバゴー(Bago)にある寺院。建立年代や経緯は不詳だが、釈迦の2本の遺髪を奉るために建てられた寺で、建立から1000年以上の歳月が経過していると推定されている。巨大な黄金色のパゴダで、ヤンゴンシュエダゴンパゴダピイシュエサンドーパゴダとともに、ミャンマーの3大パゴダの一つにあげられている。このパゴダの北東に、倒壊した仏塔の一部が残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android