コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタンゲ シュタンゲStange, Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタンゲ
Stange, Carl

[生]1870.3.7. ハンブルク
[没]1959.12.5. ゲッティンゲン
ドイツのルター派神学者。ハレ大学,ケーニヒスベルク大学,グライフスワルト大学で教鞭をとり,1912年よりゲッティンゲン大学教授。ルター派の教義に基づきつつ,キリスト教的世界観と哲学的世界観の関係について研究。主著は『キリスト教と現代の世界観』 Christentum und moderne Weltanschauung (2巻,1911~14) ,『ルターと福音』 Luther und das Evangelium (53) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュタンゲの関連キーワード1月14日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュタンゲの関連情報