コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトゥッケン Stucken, Eduard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトゥッケン
Stucken, Eduard

[生]1865.3.18. モスクワ
[没]1936.3.9. ベルリン
ドイツの小説家,劇作家。新ロマン主義に属する。初め商人となったが古代オリエント学に興味をもち,北シリアの探検に参加したりした。夢想的で神話に詳しく,アーサー王伝説に取材した戯曲がある。代表作はアステカ文明の滅亡を描いた3部作の小説『白き神々』 Die weissen Götter (1918) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュトゥッケンの関連キーワードラベル(Joseph Maurice Ravel)11月1日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android