シュトラルズント条約(読み)シュトラルズントじょうやく(英語表記)Treaty of Stralsund

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトラルズント条約
シュトラルズントじょうやく
Treaty of Stralsund

1370年のデンマークハンザ同盟の条約。デンマークは混迷を脱して国王バルデマール4世のもとに隆盛に向いつつあったが,これを恐れたスウェーデン,ホルシュタインメクレンブルクとハンザ同盟は連合して 68~70年にかけての戦いでデンマークを破った。この条約はデンマークにおけるハンザ商人の特権的地位を認めたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android