コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュノール・フォン・カロルスフェルト シュノール・フォン・カロルスフェルトSchnorr von Carolsfeld, Julius

1件 の用語解説(シュノール・フォン・カロルスフェルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュノール・フォン・カロルスフェルト
シュノール・フォン・カロルスフェルト
Schnorr von Carolsfeld, Julius

[生]1794.3.26. ライプチヒ
[没]1872.5.24. ドレスデン
ドイツの画家,デザイナー。 1811年ウィーン美術学校に入りフューガーに師事。 18~25年ローマに滞在,ナザレ派の一員としてマッシモ邸の「アリオストの部屋」に壁画を制作。 27年ルートウィヒ1世に招かれてミュンヘンにおもむき,美術学校教授に就任後,王の居城に『ニーベルンゲンの歌』を描写したフレスコ画の連作を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュノール・フォン・カロルスフェルトの関連キーワード葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽京杭大運河魏源ギボン恐怖政治ジャコバン派都賀庭鐘

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone