コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピーゲル事件 シュピーゲルじけんSpiegel-Affäre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピーゲル事件
シュピーゲルじけん
Spiegel-Affäre

ドイツの週刊誌『シュピーゲル』 1962年 10月 10日号が北大西洋条約機構 NATOの図上演習を掲載したことから,同誌が反逆罪と贈賄罪に問われた事件。 62年 10月『シュピーゲル』誌の発行者と編集者が逮捕された。この摘発について,報道の自由の束縛として強い非難の声が上り,自由民主党 FDPと社会民主党 SPDは,F.J.シュトラウス国防相がこの摘発の陰で動いたとみて追及,同国防相もこの事実を認めたため,FDP出身の閣僚は全員辞職し,第3次アデナウアー内閣は同年 11月末総辞職した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシュピーゲル事件の言及

【シュピーゲル】より

…国内各地はもとより世界20ヵ国に特派員をおき,水準の高い記事で内外の評価を得ている。62年,NATO演習の極秘内容をスクープして反逆罪に問われた,いわゆるシュピーゲル事件で,不当な弾圧と戦い〈報道の自由〉を貫いた。発行部数110万部(1996)。…

※「シュピーゲル事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

シュピーゲル事件の関連キーワードシュトラウス(Franz Josef Strauß)フランツ・J. シュトラウス

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュピーゲル事件の関連情報