シューマン乾板(読み)シューマンかんぱん(英語表記)Schumann plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シューマン乾板」の解説

シューマン乾板
シューマンかんぱん
Schumann plate

波長紫外線写真撮影に適するようにつくられた特殊乾板。 250nm以下の波長の紫外線,その他の放射線は,乾板ゼラチンに吸収されやすいので,ゼラチンをきわめて少く使用している。 V.シューマンによってつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典「シューマン乾板」の解説

シューマン乾板【Schumann plate】

真空紫外線領域(シューマン領域*,UV-C)まで感光可能なように,感光材料中のゼラチン含量を大幅に減らした乾板をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

化学辞典 第2版「シューマン乾板」の解説

シューマン乾板
シューマンカンパン
Schumann plate

ほとんどゼラチンを含まないハロゲン化銀写真乾板.一般の写真乾板はゼラチンの光吸収のため,200 nm 以下の短波長紫外線に感光しないので,紫外線写真用につくられた.真空紫外域の実験に用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版「シューマン乾板」の解説

シューマンかんぱん【シューマン乾板 Schumann plate】

波長200nm以下の遠紫外線写真乾板。主として真空紫外分光器用に使われる。ドイツの物理学者シューマンVictor Schumann(1841‐1913)が初めて作り,遠紫外線の研究に用いたことからこの名がある。通常のハロゲン化銀乳剤は,バインダーとして使われているゼラチンが約210nm以下の紫外線を強く吸収するため,この波長域で感度が極端に低下する。ゼラチンを全部除去するとハロゲン化銀粒子を支持体上に保持できず,また現像も正常に起こらないので,シューマン乾板では必要最小量のゼラチンを用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android