コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマン乾板 シューマンかんぱん Schumann plate

3件 の用語解説(シューマン乾板の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シューマン乾板
シューマンかんぱん
Schumann plate

短波長の紫外線写真撮影に適するようにつくられた特殊乾板。 250nm以下の波長の紫外線,その他の放射線は,乾板ゼラチンに吸収されやすいので,ゼラチンをきわめて少く使用している。 V.シューマンによってつくられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

シューマン乾板【Schumann plate】

真空紫外線領域(シューマン領域*,UV-C)まで感光可能なように,感光材料中のゼラチン含量を大幅に減らした乾板をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シューマンかんぱん【シューマン乾板 Schumann plate】

波長200nm以下の遠紫外線写真乾板主として真空紫外分光器用に使われる。ドイツ物理学者シューマンVictor Schumann(1841‐1913)が初めて作り,遠紫外線の研究に用いたことからこの名がある。通常のハロゲン化銀乳剤は,バインダーとして使われているゼラチンが約210nm以下の紫外線を強く吸収するため,この波長域で感度が極端に低下する。ゼラチンを全部除去するとハロゲン化銀粒子を支持体上に保持できず,また現像も正常に起こらないので,シューマン乾板では必要最小量のゼラチンを用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シューマン乾板の関連キーワード紫外線紫外線写真遠紫外線近紫外線極紫外線写真乾板シューマン領域極紫外分光計シューマン線(紫外線)ミリカン線(紫外線)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone