コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫外線写真 しがいせんしゃしんultraviolet photography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫外線写真
しがいせんしゃしん
ultraviolet photography

紫外線を使って撮影する写真。一般フィルムでも撮影できるが,ゼラチン紫外線を吸収してしまうので,一般フィルムより乳剤中のハロゲン化銀の割合が多い粗大粒子のフィルムを使うこともある。一般レンズでもガラスが紫外線を吸収するので,水晶ガラスのレンズを使い,長波長光を吸収するフィルタを併用する。肉眼と異なる感光性から,犯罪捜査の鑑識写真,生物の判別写真などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しがいせん‐しゃしん〔シグワイセン‐〕【紫外線写真】

紫外線をよく透過するレンズと紫外線に感光する特殊な感光材料を用い、紫外線照明下で撮影する写真。古文書の鑑定などに利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しがいせんしゃしん【紫外線写真 ultraviolet photography】

紫外線を光源として撮影する写真および被写体に紫外線を照射し,被写体から発する蛍光によって撮影する写真の総称。後者は蛍光写真fluorographyと呼ばれる。紫外線を光源として写真撮影を行う場合,ハロゲン化銀乳剤を使った写真乾板やフィルムは,波長200~300nm以上ならば感光するので撮影可能である。しかし,撮影に使うカメラ,顕微鏡,分光器などのふつうの光学系(レンズなど)は短波長の紫外線を吸収するため,使用する波長領域の紫外線を透過できる材料の選定が重要となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しがいせんしゃしん【紫外線写真】

紫外線の照射下で撮影した写真。ゼラチン量を減らして、紫外線に感光しやすくした乾板を用いる。物質の同定、古文書の鑑定などに利用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫外線写真
しがいせんしゃしん

特定の波長の紫外線を利用して撮影する写真。一般の写真は波長域でおよそ390~700ナノメートルの可視光において撮影されるが、これより短い波長域である紫外線に対しても写真フィルムは強い感光性をもち、また物質の紫外線に対する反射率は可視光に対するそれとはまったく異なった様相で特異な検出能力をもつことから、判別写真、鑑識写真、分光分析、紫外線顕微鏡、天体観測などの科学分野において、紫外線写真は重要な写真技術として利用される。
 とくに290~390ナノメートル付近を用いる近紫外線撮影に実用性があるが、紫外線域でより高い感度をもつフィルムの選定、高コントラストに仕上げるフィルムと現像液の選定、可視光を吸収カットする紫外線透過フィルターの使用、また紫外線吸収の強い一般光学ガラスによるレンズは使えないため、人工蛍石(ほたるいし)や人工水晶を用いた特殊レンズの利用、紫外線光源として有効な水銀放電灯の使用など、一般写真撮影に用いる機材とはかなり異なる。[小池恒裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紫外線写真の言及

【科学写真】より

…(5)は可視光線以外の電磁波を利用する撮影法。赤外線(赤外線写真),紫外線(紫外線写真),X線(X線写真),γ線,β線の利用がおもなもの。可視光線ではあるが,シュリーレン写真や偏光写真も,電磁波の特徴を巧みに利用した観察方法となっている。…

※「紫外線写真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紫外線写真の関連キーワードシューマン乾板チョウ(蝶)学術写真金星同定

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫外線写真の関連情報