コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光吸収 ひかりきゅうしゅう

1件 の用語解説(光吸収の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりきゅうしゅう【光吸収】

光が媒質を通過する際に,その単色光成分のエネルギーが媒質に取り込まれる現象が光の吸収である。散乱のように媒質にエネルギーを与えないで,光の進行方向が媒質との相互作用で変わり,実質的にエネルギーが損失することも光吸収に含めて考える。透明な媒質に光が入ると,その一部が吸収され,他は透過する。媒質の微小部分dx(ただしdxは光の進行方向の距離とする)で吸収される光のエネルギーdEは,dxに比例し,かつ入射光のエネルギーEに比例するから, dE=-kEdxと表せる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光吸収の関連情報