コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショックアブソーバー shock absorber

翻訳|shock absorber

百科事典マイペディアの解説

ショックアブソーバー

オイルダンパーとも。振動や衝撃を吸収するための装置。油を充てんしたシリンダーの中に小さなバルブ孔をもったピストンを挿入した構造が一般的で,ばねと組み合わせて自動車などの防振装置に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ショックアブソーバー【shock absorber】

オイルダンパーともいう。振動や衝撃力を吸収するための装置。ばねと組み合わさせて自動車などの防振装置としてよく使われる。ばねもショックアブソーバーも外部から加えられた振動エネルギーを吸収するものである。しかし,ばねは吸収したエネルギーを弾性エネルギーの形で蓄え,ばねの変形が戻るときにそれを外部に放出するのに対し,ショックアブソーバーは,外部から吸収したエネルギーをつねに熱に変えて放散してしまう。ショックアブソーバーの構造は,一般に油を充てんしたシリンダーの中に,小さなバルブ孔をもったピストンが挿入してある(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ショックアブソーバー【shock absorber】

自動車や火砲などの機械的・電気的な衝撃を緩和する装置。衝撃吸収器。緩衝器。 → ダンパー

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のショックアブソーバーの言及

【ばね】より

…しかし,金属ばねに比べて耐候性が劣り,温度範囲0~70℃,油に浸らないことなど,使用環境が限られる。(8)ショックアブソーバー 緩衝器のことで,衝撃振動を緩和するために使われる。コイルばね,輪ばね,防振ゴムなどのばね弾性の働きによるものと,油の粘性を利用したものがあるが,ふつうは後者を指すことが多い。…

※「ショックアブソーバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ショックアブソーバーの関連キーワードフットセレクター(スカイラインR30搭載)アクティブサスペンションモノクロサスペンションカローラ KE10トヨペットSA型オイルダンパーカヤバ工業ショーワ緩衝器

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショックアブソーバーの関連情報