コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショットガン法 ショットガンホウ

デジタル大辞泉の解説

ショットガン‐ほう〔‐ハフ〕【ショットガン法】

《shotgun type cloningから》染色体DNA全体から得た断片すべてをベクターにつないでクローン化し、その中から目的の遺伝子を探す方法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ショットガン法

 ある生物のDNAをランダムに切断したもので,断片が混在しており,これをクローン化し,選択して単一の遺伝子を得るのに用いる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ショットガン法の関連キーワードPCMCIA TypePostScript Type 1ソレアイト質マグマ型橄欖石玄武岩マグマ型台地マグマ型コンパクトカセット遺伝子工学PCMCIAカードコンポジットフォント斑状中央マグマ型

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショットガン法の関連情報