コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーモンシュルロアール城 ショーモンシュルロアールジョウ

デジタル大辞泉の解説

ショーモンシュルロアール‐じょう〔‐ジヤウ〕【ショーモンシュルロアール城】

Château de Chaumont-sur-Loire》フランス中西部、ロアール‐エ‐シェル県の町、ショーモンシュルロアールにある城。10世紀頃、ロアール川沿いの高台に要塞として建てられた。その後、15世紀から16世紀にかけて、アンボアーズ家シャルル1世と息子シャルル2世により、ルネサンス様式の城に改築。フランス王アンリ2世の正妃カトリーヌ=ド=メディシスが買い取り、アンリ2世の寵妾(ちょうしょう)ディアヌ=ド=ポアチエをシュノンソー城から追い出して、この城に住まわせた。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年に「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ショーモン城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ショーモンシュルロアール城の関連キーワードショーモンシュルロワール城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android