シラミダニ(英語表記)Pyemotes ventricosus

  • しらみだに / 虱

世界大百科事典 第2版の解説

シラミダニ科のダニ。世界各国に分布する。本来は鱗翅目鞘翅目膜翅目などの昆虫類幼虫やさなぎに寄生する。ときには穀類やわら類に大発生したこれらの害虫から二次的に発生したシラミダニが人を刺して,かゆみの強い皮膚炎を起こすことがある。欧米では牧草を取り扱う人たちに多く被害がみられ,hay itchあるいはgrain itchなどと呼ばれている。日本ではカイコの害虫としてよく知られており,養蚕家の被害があるほか,畳のわらに発生したものから皮疹を生ずることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ形綱ダニ目シラミダニ科に属するダニ。鱗翅(りんし)類、ハチ類、甲虫類などの幼虫や蛹(さなぎ)の捕食者であるが、人体をも刺して激しい皮膚炎をおこす。未餌食(みじしょく)の雌は0.2ミリメートル程度であるが、成熟して卵を充満するようになると、脚域より後部が球状に膨れて径2ミリメートルにも達し、肉眼で認められるようになる。古くからカイコの天敵として知られ、養蚕家にも広く被害を及ぼした。貯穀類、乾草、畳の藁(わら)などに潜む昆虫に由来する本種が皮疹(ひしん)をおこす例も多い。一時に多くの箇所を刺されると、発熱、頭痛、リンパ節腫脹(しゅちょう)を伴うことがある。近縁種のなかに、被食者に有毒物質を注入するもののあることがわかっている。[内川公人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシラミダニの言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…ツツガムシは日本各地に散在するツツガムシ病の媒介者として有名である。家屋内で人を刺すのはイエダニやツメダニが主であり,食品倉庫などではシラミダニによる被害もときとして起こる。家畜,家禽にもダニが多く寄生し,放牧地の牛馬にはマダニ,ニワトリ,ハト,小鳥にはワクモやトリサシダニがつく。…

※「シラミダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android