コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリオノ族 シリオノぞく Shirionó

1件 の用語解説(シリオノ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリオノ族
シリオノぞく
Shirionó

ボリビア東部の熱帯雨林に住むラテンアメリカインディアンの一民族。言語はトゥピ諸語に属する。狩猟採集民で,2mをこえる長弓を使用することで知られる。50~100人単位の母系出自集団バンドを構成し,半遊動的生活を送る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシリオノ族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…毒草による魚採り,儀礼の際の幻覚植物の利用もさかんである。ナンビクワラ族やシリオノ族,マク族など農耕よりも採集・狩猟や漁労を主たる生業とする民族もいるが,数は少ない。
[採集・狩猟民]
 アルゼンチンとチリ南部の地域は,16世紀のヨーロッパ人の植民地に入るまで農耕が行われなかった。…

【親族】より

…こうして親族の絆は婚姻によって形成され,子どもの誕生によって親族関係が強化されていく。ただ南アメリカのシリオノ族のように,親子関係の形成をもって婚姻が承認されるという社会もある。
[親族概念の問題点]
 このようにして,ほぼあらゆる人間社会である種の親族関係が認識されており,産業化されていない社会はほとんど親族関係に依拠しているといわれ,産業化された社会においてさえ親族関係の認識があり,その重要性を認めている,といわれてきた。…

※「シリオノ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シリオノ族の関連キーワードニューブリテン島ボリビアラテンアメリカラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体ラテンアメリカカリブ経済委員会ラテンアメリカ経済委員会ラテンアメリカにおける想像と暴力ラテン・アメリカ経済機構ラテン・アメリカ自由貿易連合ラテン・アメリカ映画

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone