コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロナマコ(白海鼠) シロナマコ Paracaudina chilensis ransonneti

1件 の用語解説(シロナマコ(白海鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シロナマコ【シロナマコ(白海鼠) Paracaudina chilensis ransonneti】

ナマコ綱イモナマコ科の棘皮(きよくひ)動物で,いぼも管足ももたないナマコ(イラスト)。北海道南部から東北地方にかけて分布する。体長10cm内外の紡錘形で,後部が短い尾のようになっている。全体は紅白色でやや透明,胴部では内臓が透けて見える。体表は滑らかであるが横じわが多い。15本の触手をもっている。皮膚の中には微小な金平糖状の骨片が埋まっている。砂中で肛門を上向きにして斜めに潜っており,砂上に高さ5cmほどの小さい丘を盛り上げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シロナマコ(白海鼠)の関連キーワード海鼠海鼠板生小賢し金海鼠白海鼠生恋し海鼠曳き海鼠餅藤海鼠なまこ壁

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone