コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロナマコ(白海鼠) シロナマコParacaudina chilensis ransonneti

1件 の用語解説(シロナマコ(白海鼠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シロナマコ【シロナマコ(白海鼠) Paracaudina chilensis ransonneti】

ナマコ綱イモナマコ科の棘皮(きよくひ)動物で,いぼも管足ももたないナマコ(イラスト)。北海道南部から東北地方にかけて分布する。体長10cm内外の紡錘形で,後部が短い尾のようになっている。全体は紅白色でやや透明,胴部では内臓が透けて見える。体表は滑らかであるが横じわが多い。15本の触手をもっている。皮膚の中には微小な金平糖状の骨片が埋まっている。砂中で肛門を上向きにして斜めに潜っており,砂上に高さ5cmほどの小さい丘を盛り上げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone