コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンコム シンコム Syncom; synchronous communication satellite

1件 の用語解説(シンコムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンコム
シンコム
Syncom; synchronous communication satellite

アメリカの通信用静止衛星シリーズ。シンコム1号は 1963年2月打上げられたが無線機の故障で失敗。2号 (1963.7.) は,近地点3万 5775km,遠地点3万 5890km,周期 23時間 56分で,完全な静止軌道には乗れず,南大西洋上空で8の字形に移動した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシンコムの言及

【衛星通信】より

…静止衛星は,赤道上3万5900kmの高度で,東向きに,24時間の周回周期で飛んでいる人工衛星であり,周回速度が地球の自転速度に同期しているので地表から見ると静止している。衛星通信の始まりは,1960年アメリカのエコー衛星による受動中継実験であり,63年静止衛星シンコムが打ち上げられるに及び,実用化への道が開かれた。日本においては,63年11月,日米間テレビ中継が中高度衛星リレーを介して行われたのが最初であり,このとき,ケネディ大統領暗殺のニュースが伝えられた。…

※「シンコム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シンコムの関連キーワード通信衛星衛星通信静止衛星海洋観測衛星MOSシリーズアメリカ銃の秘密アメリカの影アメリカの友人《アメリカ・ガイド・シリーズ》静止衛星方式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンコムの関連情報