コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンチグラフィー scintigraphy

2件 の用語解説(シンチグラフィーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

シンチグラフィー【scintigraphy】

放射性同位元素で標識した化合物が、特定の臓器や組織で集積・代謝される様子をシンチ-カメラを用いて画像化する検査法。骨シンチグラフィー・脳シンチグラフィーなど。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シンチグラフィー(scintigraphy)

微量の放射性同位元素を含む薬剤を体内に投与して、放出される放射線を画像化する検査法。体内の特定の場所に集まりやすい薬剤を用いることによって、目的の臓器や組織の機能や代謝の様子、病変の有無や状態などを調べることができる。核シンチグラフィーシンチ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシンチグラフィーの言及

【シンチグラム】より

…しかし,今日では大部分がシンチカメラによって画像を得ていることから,シンチグラムという。これら検査法をシンチグラム検査,シンチグラフィーscintigraphy,RIイメージングRI‐imagingと呼ぶ。また,患者に放射性医薬品を投与して体外から計測する検査法を総称してインビボin vivo検査という。…

※「シンチグラフィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンチグラフィーの関連情報