コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーラーフ Sīrāf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーラーフ
Sīrāf

イランのペルシア湾岸にあった港市ササン朝期にはすでにファールス地方の港として,また海軍基地として用いられていた。 10世紀にはペルシア湾におけるインド貿易の中心市場として繁栄し,その町の規模は当時シーラーズに匹敵するものであったという。しかし 977年の大地震によって破壊され,さらにブワイフ朝の滅亡によって急速に衰退した。現在ブーシェルの南東約 200kmにその廃虚が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーラーフ
しーらーふ
Srf

イラン南部、ファールス州のペルシア湾口近くにある著名な港の遺跡。10世紀のアッバース朝時代に、バスラ、ウブッラとともに東西海上貿易の拠点として大いに繁栄した。シーラーフ商人の活躍は顕著なものがあり、遠くインド、東南アジア、中国との遠距離貿易に従事し、中国史料に、泉州に住んでいた大食(タージー)の「尸羅圍(しらい)」「施那幃(しない)」商人とみえるのはShlw(シーラーフの人)を写したものである。各種織物類、金属製品、鉄鉱などを輸出し、中国の絹、インドや東南アジアの香料などを輸入して巨利を博した。ブワイフ朝治下の977年に大地震によって大破し、港が砂で埋まってその機能を失い、11世紀以後は衰微して、港外のキッシュ島にその繁栄を奪われた。13世紀に地理学者ヤークートがこの地を訪れたときにはまったく廃墟(はいきょ)と化している。現在バンダル・ターヒリーにその廃墟がみられる。[佐藤圭四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシーラーフの言及

【ペルシア湾】より

…彼らははるか遠くインド,中国にまで出かけていた。当時のペルシア湾貿易の中心の港はイラン南岸のシーラーフSīrāf(現,ターヘリー)であった。 ブワイフ朝後期になると,シーラーフに代わって11世紀前半より13世紀前半までアラブの族長カイサル家の拠るキーシュKīsh島がホルムズ海峡の出入口を扼する地の利を生かして栄えた。…

※「シーラーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーラーフの関連キーワードアブー・ザイド・アッシーラーフィーヤークート

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android