コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シールズフィールド Charles Sealsfield

2件 の用語解説(シールズフィールドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シールズフィールド【Charles Sealsfield】

1793‐1864
オーストリアの作家。本名カール・ポストルKarl Postl。モラビア南部に生まれ,プラハカトリック修道院に入るが1823年に脱走し,フリーメーソン組織の助けでアメリカに亡命,数年後に変名で再びヨーロッパに戻り,スイスに落ち着く。メッテルニヒの反動政治を批判しアメリカ民主主義をたたえる著作を英独両国語で書いたほか,《船室の書》(1841)等の小説で新世界の活気ある生活をみごとに描き出した。【石井 不二雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シールズフィールド
しーるずふぃーるど
Charles Sealsfield
(1793―1864)

オーストリアの小説家。本名はカール・ポストルといい、モラビア地方(現チェコ)の農家に生まれる。早くから聖職者に定められた彼はプラハの修道院に入り書記まで務めたが、30歳のときアメリカへ逃亡し、ジャーナリスト、文筆家として各地を旅行した。1832年以降はスイスに定住して、開拓期のアメリカ西部を舞台に、戦争や冒険の織り成す民衆のたくましい生活を写実的な筆致で描き出した小説を次々と発表した。もっとも成功を収めた作品は『船室の書』(1841)で全2巻からなり、その前半の「ジャシント草原」は卓越した自然描写によってとくに有名である。[小菅善一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シールズフィールドの関連キーワード巨人バウアーハンオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストラリア亜区オーストリーオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケコルナウト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone