コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シールズフィールド Charles Sealsfield

世界大百科事典 第2版の解説

シールズフィールド【Charles Sealsfield】

1793‐1864
オーストリアの作家。本名カール・ポストルKarl Postl。モラビア南部に生まれ,プラハのカトリック修道院に入るが1823年に脱走し,フリーメーソン組織の助けでアメリカに亡命,数年後に変名で再びヨーロッパに戻り,スイスに落ち着く。メッテルニヒの反動政治を批判しアメリカ民主主義をたたえる著作を英独両国語で書いたほか,《船室の書》(1841)等の小説で新世界の活気ある生活をみごとに描き出した。【石井 不二雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シールズフィールド
しーるずふぃーるど
Charles Sealsfield
(1793―1864)

オーストリアの小説家。本名はカール・ポストルといい、モラビア地方(現チェコ)の農家に生まれる。早くから聖職者に定められた彼はプラハの修道院に入り書記まで務めたが、30歳のときアメリカへ逃亡し、ジャーナリスト、文筆家として各地を旅行した。1832年以降はスイスに定住して、開拓期のアメリカ西部を舞台に、戦争や冒険の織り成す民衆のたくましい生活を写実的な筆致で描き出した小説を次々と発表した。もっとも成功を収めた作品は『船室の書』(1841)で全2巻からなり、その前半の「ジャシント草原」は卓越した自然描写によってとくに有名である。[小菅善一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シールズフィールドの関連キーワード3月3日

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android