コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオード geode

翻訳|geode

1件 の用語解説(ジオードの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ジオード

鉱物の集合体からなる中空の球状体で,普通は石灰岩中に,稀に頁岩中に見られるジオードの外側の層はカルセドニイ質石英で,内側は石英または方解石で覆われ,少量の磁鉄鉱黄鉄鉱閃亜鉛鉱などが伴われる[Bassler : 1908, Pettijohn : 1957].この語は古く,セオフラスタスは土状構造(earthy texture)の石に用いた[Theophrastus : 300B.C.].土状構造とは粉末状鉱物の塊らしい.プリニウスは内部に土を含む石に用いた[Pliny : 77].この語には様々に使用されている.(1) 晶洞石.石灰岩や頁岩の中にできる中空の球状体で,内壁には母岩中の鉱物と異なる石英などの鉱物結晶があり,母岩から塊として分離できる石.異質晶洞ともいう.(2) 晶洞・晶洞石の窪み.(3) 晶洞石に似たもの[ランダムハウス : 1994].ギリシャ語のgeodesは大地に似たの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジオードの関連キーワード和集合共通集合籠茸メタクラシス閃光集合体眼球片岩石英眼球聚斑状組織球状晶子球顆状組織

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジオードの関連情報