コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閃亜鉛鉱 せんあえんこうsphalerite; zincblende

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閃亜鉛鉱
せんあえんこう
sphalerite; zincblende

ZnS 。等軸晶系の鉱物。繊維亜鉛鉱 (六方晶系) とは同質異像。結晶は四面体,十二面体,六面体のものが多く,普通塊状で産する。硬度 3.5~4,比重 3.9~4.1。脂肪または亜金属光沢,鉄分の多いものは金属光沢。純粋のものは白色,鉄分が多くなるにつれて緑,黄,褐,黒色になる。鉄,マンガンなどを含むことが多く,鉄の含有量は最高 26%に達する。ときに摩擦発光し,紫外線およびX線でケイ光を発する。亜鉛の重要な鉱石鉱物接触交代鉱床熱水鉱床に方鉛鉱などを伴って産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐あえんこう〔‐アエンクワウ〕【×閃亜鉛鉱】

硫化亜鉛主成分とする鉱物。純粋なものは白から淡黄色、鉄を含むと褐色から褐黒色。ふつう四面体結晶で塊状・粒状など。等軸晶系亜鉛の重要な鉱石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんあえんこう【閃亜鉛鉱】

亜鉛の硫化物からなる鉱物。立方晶系。淡黄褐色ないし黒色。金属光沢がある。熱水鉱床・接触交代鉱床などに産する。カドミウムを伴う。亜鉛の最も普通の鉱石鉱物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閃亜鉛鉱
せんあえんこう
sphalerite

亜鉛のもっとも普通の鉱石鉱物の一つ。ウルツ鉱と同質異像関係にあり、これについては数種類の多型相が知られている。低~中熱水鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、黒鉱鉱床、ある種の含銅硫化鉄鉱床、深海のスモーカー(熱水からの沈殿物が堆積(たいせき)した煙突状の構造物)周辺堆積物などの中に産し、黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱、四面銅鉱などとよく共存する。自形は正四面体を基調としたものが多く、晶洞(鉱床中の空洞)に発達する。日本の産地としては、秋田県小坂(こさか)町小坂鉱山(閉山)、宮城県鶯沢(うぐいすざわ)町(現、栗原(くりはら)市鶯沢)の細倉鉱山(閉山)、岐阜県神岡鉱山(閉山)、長崎県対馬(つしま)市厳原町(いづはらまち)対州(たいしゅう)鉱山(閉山)など。英名は、ギリシア語の「あてにならない」を意味するスファレロスにちなむ。方鉛鉱に似ているのに、鉛が抽出できないことによる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

閃亜鉛鉱の関連キーワードウルツ鉱セン(閃)亜鉛鉱同形リトポン硫化亜鉛亜鉛鉱物同形ポリタイプリトポン硫化亜鉛