コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閃亜鉛鉱 せんあえんこう sphalerite; zincblende

4件 の用語解説(閃亜鉛鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閃亜鉛鉱
せんあえんこう
sphalerite; zincblende

ZnS 。等軸晶系の鉱物。繊維亜鉛鉱 (六方晶系) とは同質異像。結晶は四面体,十二面体,六面体のものが多く,普通塊状で産する。硬度 3.5~4,比重 3.9~4.1。脂肪または亜金属光沢,鉄分の多いものは金属光沢。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せん‐あえんこう〔‐アエンクワウ〕【×閃亜鉛鉱】

硫化亜鉛主成分とする鉱物。純粋なものは白から淡黄色、鉄を含むと褐色から褐黒色。ふつう四面体結晶で塊状・粒状など。等軸晶系亜鉛の重要な鉱石。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんあえんこう【閃亜鉛鉱】

亜鉛の硫化物からなる鉱物。立方晶系。淡黄褐色ないし黒色。金属光沢がある。熱水鉱床・接触交代鉱床などに産する。カドミウムを伴う。亜鉛の最も普通の鉱石鉱物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閃亜鉛鉱
せんあえんこう
sphalerite

亜鉛のもっとも普通の鉱石鉱物の一つ。ウルツ鉱と同質異像関係にあり、これについては数種類の多型相が知られている。低~中熱水鉱床接触交代鉱床スカルン型鉱床)、黒鉱鉱床、ある種の含銅硫化鉄鉱床、深海のスモーカー(熱水からの沈殿物が堆積(たいせき)した煙突状の構造物)周辺堆積物などの中に産し、黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱、四面銅鉱などとよく共存する。自形は正四面体を基調としたものが多く、晶洞(鉱床中の空洞)に発達する。日本の産地としては、秋田県小坂(こさか)町小坂鉱山(閉山)、宮城県鶯沢(うぐいすざわ)町(現、栗原(くりはら)市鶯沢)の細倉鉱山(閉山)、岐阜県神岡鉱山(閉山)、長崎県対馬(つしま)市厳原町(いづはらまち)対州(たいしゅう)鉱山(閉山)など。英名は、ギリシア語の「あてにならない」を意味するスファレロスにちなむ。方鉛鉱に似ているのに、鉛が抽出できないことによる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閃亜鉛鉱の関連キーワード亜鉛華東邦亜鉛菱亜鉛鉱亜鉛華軟膏亜鉛版皓礬亜鉛欠乏ISP法亜鉛鉱物亜鉛 (zinc, Zn)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone