コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジトミル

2件 の用語解説(ジトミルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジトミル

ウクライナ北西部の都市。キエフの西方約150km,テテレフ川に面する。建設資材,家具,食料品などの工業が行われるロシア革命までは商業の中心地として知られた。27万1895人(2012)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジトミル【Zhitomir】

ウクライナ北西部の都市。同名州の州都。人口29万7500(1991)。鉄道,自動車道路が通じ空港もある。市の起源は9世紀後半にさかのぼり,その後リトアニアポーランドの支配下に入ったあと,1793年に最終的にロシア領となった。ロシア革命前はボルイニ県の県都で商業的性格の強い都市であったが,革命後は機械,金属,木材加工などの工業が発展している。作家コロレンコの生地。【青木 節也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジトミルの関連キーワードサラトフスモレンスクチタチューリヒペルミユトレヒトリエージュリジャイナリヒテルタラハシー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone