コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムロック ジムロック Simrock, Karl Joseph

2件 の用語解説(ジムロックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジムロック
ジムロック
Simrock, Karl Joseph

[生]1802.8.28. ボン
[没]1876.7.18. ボン
ドイツの文学研究者,詩人。ボン大学教授として,古代ゲルマンおよび中世ドイツ文学の研究,近代語訳に果した功績は大きい。詩人としては,ウーラント風のバラードを得意とした。『ニーベルンゲンの歌』 (1827) ,『英雄詩集』 Das Heldenbuch (6巻,43~49) など多数の翻訳のほか,『詩集』 Gedichte (44,63) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジムロック【Karl Simrock】

1802‐76
ドイツのゲルマン文献学者,抒情詩人。ボンに生まれ,ボンに没す。ボン,ベルリン両大学で法学と文献学を修めたのち,プロイセン司法官試補となったが,1830年,フランス七月革命を賛美する詩を発表して免職となる。その後はボンにあって,特にドイツ中世文学の研究と翻訳,民話伝説の収集に専念,50年以降ボン大学教授をつとめた。《ニーベルンゲンの歌》をはじめとする多くの中世文学の翻訳によって,ロマン派の中世受容をたすけ,またR.ワーグナーにも影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジムロックの関連キーワードグリムグリム兄弟西ドイツパウル汎ゲルマン主義ブルームフィールドラハマンワッセルマンドイ語《スペイン文献学評論》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone