ジモルホラミン(英語表記)dimorpholamin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジモルホラミン
dimorpholamin

テラプチクともいう。ニケタミド,エタミバン,ドキサプラムなどとともに,呼吸興奮作用を示す蘇生薬である。呼吸興奮は,主として延髄の呼吸中枢の直接刺激によるが,末梢の化学受容体の間接刺激も一部関与するといわれる。ニケタミドより作用が強く,持続時間が長い。毒性も比較的低く,安全域が大である。麻酔薬,催眠剤,窒息,溺水,凍傷などによる仮死,外傷性ショック,心不全,中毒などによる虚脱,呼吸や循環機能の急性低下などの場合に注射で投与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ジモルホラミン【dimorpholamine】

呼吸興奮薬の一。延髄の呼吸中枢および血管運動中枢に作用して呼吸を促進し、血圧を上昇させる。新生児仮死・催眠剤中毒・ショックなどの治療に用いられる。 → 興奮剤

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android