ジャマーロッディン‐イスファハーニ(英語表記)Jamāal-Dī Isfahānī

20世紀西洋人名事典の解説

ジャマーロッディン‐イスファハーニ
Jamāal-Dī Isfahānī


1862.(1863.説有り) - 1908
イランの説教師
ハマダーン生まれ。
近代イランの反専制・民族主義説教師で、イスファハーンで学問などを修行し、説教師となる。初めは国産品の愛用、民族産業の育成などを唱えていたが、後にテヘランのシャーモスクの説教師として、専制批判を展開した。イラン立憲革命に強い影響を及ぼし、1908年の6月にカージャール朝のシャーのクーデターでテヘランを脱出するが、逮捕され殺害された。同士との共著の「正夢」は専制批判の書として有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android