コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャワ奉公会 ジャワほうこうかい

世界大百科事典 第2版の解説

ジャワほうこうかい【ジャワ奉公会】

第2次大戦中,日本軍は当時オランダ領であったインドネシアに侵攻し,オランダ植民地政権を一掃して3ヵ年半の間(1942年3月~45年8月)軍政をしいた。軍政の最大目的は戦争継続のための資源獲得にあったが,その円滑な遂行のため各種の宣撫工作によって住民を把握し,軍政協力に向けて動員することが必須であった。ジャワ奉公会はそのような工作の一環として1944年3月につくられた大衆組織で,日本国内の大政翼賛会満州国の協和会を模したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジャワ奉公会の言及

【インドネシア】より

…また,軍政下で組織されたプートラ(民族総力結集運動。1943年3月より開始),ジャワ奉公会(プートラに代わって1944年3月に組織)のような大衆運動,イスラム教徒の組織化(マシュミ,ミヤイなど)は,官製のものであったが,民族独立の希求を広く社会の全般にわたって高めていくことになった。さらに戦況の変化と独立希求の高まりにより,45年3月には独立準備調査会が設置された。…

※「ジャワ奉公会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャワ奉公会の関連キーワードスディルマン原田 熊吉

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android