ジャン マルティンノン(英語表記)Jean Martinon

20世紀西洋人名事典の解説

ジャン マルティンノン
Jean Martinon


1910.1.11 - 1976.3.1
フランスの作曲家,指揮者。
元・シカゴ交響楽団音楽監督兼指揮者,元・フランス国立放送管弦楽団音楽監督。
リヨン生まれ。
パリ音楽院を「プリミエ・プリ」を得て卒業。第二次大戦まで作曲活動に従事。大戦中フランス軍に参加し、捕虜となる。この時期の「因われ人の歌」は1945年パリ市賞受賞作。大戦後、1948年「弦楽四重奏曲」でバルトーク賞受賞。他に「交響曲第3番」(’48年)等の力作を発表。その傍ら’44〜46年パリ音楽院管弦楽団、ボルドー交響楽団などの指揮者を務め、’63年シカゴ交響楽団音楽監督兼指揮者、’68年フランス国立放送管弦楽団音楽監督等を務める。典雅な演奏、清澄な響きで、フランス近代音楽で高い境地を示した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android