ジャーク

デジタル大辞泉の解説

ジャーク(jerk)

重量挙げ競技の一種目。胸上まで上げたバーベルを、両脚を前後に開くからだの反動で頭上に上げる。→スナッチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ジャーク【jerk】

重量挙げの一種目。バーベルを一度胸の上まで持ち上げ、脚を前後に開いて体を沈め、その反動で頭上に差し上げる。 → スナッチ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のジャークの言及

【ウェイトリフティング】より

…96年にギリシアのアテネで開かれた第1回オリンピック大会で,ウェイトリフティングは体操競技の一環として行われた。このとき採用された種目は〈両手によるクリーン・アンド・ジャークtwo hands clean and jerk〉と〈片手によるクリーン・アンド・ジャークone hand clean and jerk〉の2種類で,体重制限はなく,参加者も少なかった。その後,1924年のパリ大会(第8回)までは,〈両手によるスナッチtwo hands snatch〉や〈片手によるスナッチone hand snatch〉〈両手によるプレスtwo hands clean and press〉などがそのときどき適当に盛り込まれ,種目数も一定しなかった。…

※「ジャーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャークの関連情報