コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウテリウム deuterium

翻訳|deuterium

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウテリウム
じゅうてりうむ
deuterium

水素の同位体の一つ。質量数1のものを軽水素(プロチウムH)というのに対し、それ以外のものを重水素という。しかし、普通は質量数2のものをジュウテリウム(Dまたは2H)、3のものをトリチウム(Tまたは3H)といっている。
 1931年、アメリカのユーリーらが、多量の液体水素を蒸発させた残りの水素のスペクトルにごく弱いバルマー線を認め、重い同位体によることを示した。プロチウムとの分離は気体の拡散も利用できるが、同位体効果が大きいので、水電解が有利である。10万分の1に電解濃縮すれば99%重水D2Oが得られる。トレーサーとして、中性子の減速材として原子炉に、また核融合反応の燃料としての用途が考えられる。[守永健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジュウテリウムの言及

【重水】より

…ふつうの水H2Oの水素原子Hを重水素原子D(ジュウテリウム)で置きかえた化合物。D2O(酸化ジュウテリウム)と書かれ,ふつうの水より比重が大なのでこの名がある。…

【重水素】より

…これらは,ふつうの水素のそれぞれ約2倍,3倍の比重をもつ著しく重い同位体であるから,重水素と呼ばれる。しかし通常はそのうち安定で広く存在する2Hを重水素あるいはジュウテリウムdeuterium(化学記号D)と呼び,不安定な放射性元素で天然に微量しか存在しない3Hは三重水素あるいはトリチウムtritium(化学記号T)と呼んでこれと区別することがある。またこれらに対し,ふつうの水素1Hを軽水素あるいはプロチウムprotiumとも呼ぶ。…

※「ジュウテリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュウテリウムの関連キーワードラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)核融合科学研究所核燃料サイクルアイソトープ安定同位体トレーサーハーキンズ核融合炉ユーリー置換反応重陽子核融合

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android