コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュエット Jewett, Sarah Orne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュエット
Jewett, Sarah Orne

[生]1849.9.3. メーン,サウスバーウィク
[没]1909.6.24. メーン,サウスバーウィク
アメリカ合衆国の作家,詩人。フルネーム Theodora Sarah Orne Jewett。1865年ベリック・アカデミーを卒業。子供の頃から創作を始め,1868年に初めて短編を発表した。故郷にじっくりと腰を据えてその人情,風俗を観察し,しだいに姿を消していく地方生活の味わいを描きとめることに特色を発揮した。ハリエット・ストー,のちにはギュスターブ・フローベール,ヘンリー・ジェームズの影響を受け,渋い抑制のきいた独特の美しい筆致でメーン州の風物を描き,19世紀後半に始まる地方主義文学運動の最も重要な作家の一人となった。代表作は短編集『ディープヘイブン』Deephaven(1877),『尖った樅の国』The Country of the Pointed Firs(1896)。ほかに小説『田舎医者』A Country Doctor(1884),詩集 "Verses"(1916)などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジュエットの関連キーワードキャザー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android