コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストー ストーStow, John

5件 の用語解説(ストーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストー
ストー
Stow, John

[生]1525. ロンドン
[没]1605.4.6. ロンドン
イギリスの歴史家,古代研究者。初め洋服商で,1570年代から古記録の研究に転じた。チョーサー作品集の編者でもあり,『イギリス年代記』 The Annales of England (1580) も著わしたが,最も重要な著作はロンドンの風物を紹介した『ロンドン大観』 Survey of London (98) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ストー
ストー
Stowe, Harriet (Elizabeth)

[生]1811.6.14. コネティカット,リッチフィールド
[没]1896.7.1. コネティカット,ハートフォード
アメリカ女流作家。旧姓 Beecher。結婚後奴隷の悲惨な生活を知り,キリスト教人道主義の立場からこれを批判した『アンクル・トムの小屋』 Uncle Tom's Cabin (1852) を書き,一躍大きな反響を呼び,南北戦争を引起した原因の一つとまでいわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ストー(Harriet Elizabeth Stowe)

[1811~1896]米国の女流小説家。通称、ストー夫人。当時の奴隷制度を批判した「アンクル=トムの小屋」は国内外で大きな反響を巻き起こし、南北戦争への気運を高めた。

ストー(Stowe)

米国バーモント州北部の町。同州で最も標高が高いマンスフィールド山があり、夏は避暑地として、冬はスキーリゾートとして観光客でにぎわう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ストー【Harriet Beecher Stowe】

1811~1896) アメリカの女流小説家。代表作「アンクル-トムの小屋」で黒人奴隷の悲惨な実態を描き、奴隷制廃止の気運を盛り上げた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のストーの言及

【庭園】より

…この新しい庭はふつう〈風景式庭園〉と総称されるが,イタリアとフランスの庭がそれぞれの地形的特性をよく生かしたものであったように,それはイギリスのゆるやかな起伏をもつ丘陵の牧歌的な風景をその基盤においたものであった。 フランス風の整形庭園を攻撃する文章によってこの風景式庭園誕生の先鋒となった人としては,シャフツベリー伯,アディソン,ポープらがいるが,現実の庭園としてはストーStowe(バッキンガムシャー)のテンプル家の館が最初期に属する。この設計は最初ブリッジマンCharles Bridgeman(?‐1738)によって行われ,彼は庭と外界の境に一種の堀割であるハハーHahahを導入して,何さえぎるものなく眺望が周囲の自然にとけ込んでいくように工夫した。…

※「ストー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ストーの関連キーワードマズリ徳川秀忠アクバルナレースエンニューフランスアクバル部落問題ムガル絵画皇族費カプチン会

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストーの関連情報