ジュリアン・S. ハクスリー(英語表記)Julian Sorell Huxley

20世紀西洋人名事典の解説


1887.6.22 - 1975.2.14
英国の生物学者。
元・ロンドン大学教授,元・王立研究所教授,元・ロンドン動物園園長。
ロンドン生まれ。
T.H.ハクスリーの孫。生物学の鳥類の行動、遺伝学、進化学などの各分野で幅広い研究を行い、相対成長理論の確立者の一人。大学卒業後、米国に渡りライス研究所に勤務。帰国後1925年ロンドン大学動物学教授、’26年王立科学研究所教授、’35年ロンドン動物園園長、’46年ユネスコ初代事務局長を歴任。58年ナイト受爵。著書、共著「生命の科学」(’29年)、「進化とは何か」(’33年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android