コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョナゴールド ジョナゴールドJonah Gold

2件 の用語解説(ジョナゴールドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジョナ‐ゴールド(Jonah Gold)

アメリカ原産のリンゴの一品種。紅玉ゴールデンデリシャスの交配により作り出された。甘酸っぱく果肉は緻密。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ジョナゴールド

青森県、岩手県、長野県などで生産されるリンゴ。果皮は桃色がかった赤で、実重は400g程度とやや大きめ。酸味と甘みのバランスがよくさわやかな食味。アメリカで「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」のかけあわせによって育成した品種で、日本には1970年に導入。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョナゴールドの関連情報