ジョナゴールド(英語表記)Jonah Gold

デジタル大辞泉プラスの解説

ジョナゴールド

青森県、岩手県長野県などで生産されるリンゴ。果皮桃色がかった赤で、実重は400g程度とやや大きめ。酸味と甘みのバランスがよくさわやかな食味。アメリカで「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」のかけあわせによって育成した品種で、日本には1970年に導入。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョナゴールドの関連情報