緻密(読み)ちみつ

精選版 日本国語大辞典「緻密」の解説

ち‐みつ【緻密】

〘名〙 (形動)
① きめがこまかいこと。また、そのさま。
※佐渡志(1804‐18)一五「霹靂碪 方言雷斧石〈略〉性堅く、肌密にして、試金石のごとし」
草枕(1906)〈夏目漱石〉四「あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける具合はどう見ても一個の美術品だ」 〔蘇轍‐光州開元寺記〕
② 細工がこまかくこみいっていること。丁寧なこと。また、そのさま。
※慶応再版英和対訳辞書(1867)「Massiveness 緻密堅重なること」
③ こまかく、くわしいこと。ゆきとどいていること。精密で、すぐれていること。また、そのさま。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「事々物々微細緻密の極にまで通達する有様はの如しと雖ども」 〔詩経箋‐大雅・仮楽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緻密」の解説

ち‐みつ【緻密】

[名・形動]
布地・紙などのきめが細かいこと。また、そのさま。「特別にかせた緻密な紙」
細かいところまで注意が行き届いていて、手落ちのないこと。また、そのさま。「緻密な仕事ぶり」「緻密に練り上げた計画」
[派生]ちみつさ[名]
[類語]綿密厳密精密細密詳密精巧巧緻精緻精妙精到細かいこまやか木目きめ細か細心細緻さいちしょう小さなちっちゃいちっぽけ低い小さめ矮小わいしょう寸足らずちんちくりん微小微細細か小振り小形小柄小作り小粒豆粒芥子けし群小最小小規模細細ほそぼそ零細ちんまりこぢんまりちまちまミニ繊細デリケートデリカシー神経質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「緻密」の解説

【緻密】ちみつ

きめこまかい。ゆきとどく。〔太平御覧、七四二に引く東観漢記〕、風多し。~多く帷帳を取り、東西完く窓を塞ぎ、皆緻密ならしむ。

字通「緻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android