緻密(読み)ちみつ

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐みつ【緻密】

〘名〙 (形動)
① きめがこまかいこと。また、そのさま。
※佐渡志(1804‐18)一五「霹靂碪 方言雷斧石〈略〉性堅く、肌緻密にして、試金石のごとし」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉四「あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける具合はどう見ても一個の美術品だ」 〔蘇轍‐光州開元寺記〕
② 細工がこまかくこみいっていること。丁寧なこと。また、そのさま。
※慶応再版英和対訳辞書(1867)「Massiveness 緻密堅重なること」
③ こまかく、くわしいこと。ゆきとどいていること。精密で、すぐれていること。また、そのさま。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉五「事々物々微細緻密の極にまで通達する有様は斯の如しと雖ども」 〔詩経箋‐大雅・仮楽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐みつ【緻密】

[名・形動]
布地・紙などのきめが細かいこと。また、そのさま。「特別に漉(す)かせた緻密な紙」
細かいところまで注意が行き届いていて、手落ちのないこと。また、そのさま。「緻密な仕事ぶり」「緻密に練り上げた計画」
[派生]ちみつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android