紅玉(読み)コウギョク

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぎょく【紅玉】

ルビーのこと。
若く、肌がつやつやして血色のよいこと。また、美しい容貌のたとえ。
「―の膚(はだえ)、平門第一の美男とて」〈樗牛滝口入道
リンゴの一品種。果皮は真紅色、果肉は薄黄色。酸味がやや強い。 秋》
[補説]書名別項。→紅玉

こうぎょく【紅玉】[書名]

木下利玄の歌選集。大正8年(1919)刊。大正3年(1914)から大正6年(1917)にかけての短歌516首を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぎょく【紅玉】

赤色の鋼玉。ルビー。
リンゴの一品種。果皮は真紅、果肉はやや酸味が強い。
美しい女性の肌のたとえ。 「 -の膚はだえ消えて/太平記 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐ぎょく【紅玉】

〘名〙
① 赤い色をした球形のもの。赤い
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「柘榴(ざくろ)も紅玉(カウギョク)を包めるに似たらん」
② 美人の肌色や美しい容貌のたとえ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・傀儡子孫君〈大江匡房〉「翠蛾眉細羅衣外。紅玉膚肥錦袖中」
太平記(14C後)六「紅玉(コウギョク)の膚(はだへ)消えて、今日を限りの命共かなと思し召しける御悲しみの遣る方なさに」 〔西京雑記‐巻一〕
③ リンゴの栽培品種。明治初年アメリカから移入された。晩生種で表皮は真紅色、果肉は緻密でやや酸味が強い。収量が多い。《季・秋》
※津軽の野づら(1935)〈深田久彌〉チャシヌマ「粉のふいた紅玉で枝が撓(たわ)むころは」
④ ルビー。紅玉石。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の紅玉の言及

【ルビー】より

…和名を紅玉という。アルミナの結晶であるコランダムのうち,赤色透明のものをルビーといい,その他の色はすべてサファイアの名称で呼ばれる。…

※「紅玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅玉の関連情報