コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅玉 コウギョク

5件 の用語解説(紅玉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぎょく【紅玉】

ルビーのこと。
若く、肌がつやつやして血色のよいこと。また、美しい容貌のたとえ。
「―の膚(はだえ)、平門第一の美男とて」〈樗牛滝口入道
リンゴの一品種。果皮は真紅色、果肉は薄黄色。酸味がやや強い。 秋》
[補説]書名別項。→紅玉

こうぎょく【紅玉】[書名]

木下利玄の歌選集。大正8年(1919)刊。大正3年(1914)から大正6年(1917)にかけての短歌516首を収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

紅玉

青森県で主に生産されるリンゴ。中生。果実は小さめで果皮は濃赤色。甘みと酸味のバランスがよく、煮くずれしにくいため、加工・料理用にも適する。19世紀にアメリカで発見された品種で、「ジョナサン」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうぎょく【紅玉】

赤色の鋼玉。ルビー。
リンゴの一品種。果皮は真紅、果肉はやや酸味が強い。
美しい女性の肌のたとえ。 「 -の膚はだえ消えて/太平記 6

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅玉
こうぎょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紅玉の言及

【ルビー】より

…和名を紅玉という。アルミナの結晶であるコランダムのうち,赤色透明のものをルビーといい,その他の色はすべてサファイアの名称で呼ばれる。…

※「紅玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紅玉の関連キーワード自然淘汰赤字赤、白、青赤池町赤岩赤倉赤沢赤塚赤沼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅玉の関連情報