ジョブ

ASCII.jpデジタル用語辞典「ジョブ」の解説

ジョブ

ユーザーコンピューターに依頼する仕事の単位。たとえば、1つのコマンドを入力してコンピューターに何らかの結果を出させること。クライアントサーバー・システムでは、複数のクライアントがサーバーにジョブを依頼するため、ジョブの管理が重要になる。サーバーは、それぞれのジョブの処理に必要な資源や時間を計算し、スケジュール調整しながら実行する。この調整には、ジョブ管理ソフトが使われる。なお、ユーザーが依頼する仕事をジョブと呼ぶのに対して、コンピューターが処理する仕事の単位はタスクと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジョブ」の解説

ジョブ(job)

仕事。「ジョブローテーション」
コンピューターにおける作業の単位。一連プログラムのうちで、一つのまとまりとして処理される業務。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ジョブ」の解説

ジョブ

〘名〙 (job)
① 仕事。
② コンピュータが処理するひとまとまりの単位作業のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android