ジョルジュ エネスコ(英語表記)Georges Enesco

20世紀西洋人名事典の解説


1881.8.19 - 1955.5.4
ルーマニアバイオリン奏者,作曲家,指揮者。
モラビア生まれ。
4歳からバイオリンを習い、ヴィーン音楽院を経てパリ音楽院に進み、マルシックやマスネ、フォーレらに師事し、16歳の時、自作の発表演奏会で注目される。ヨーロッパ楽団に君臨し、バイオリニストとして活躍する。一方では教師としてグルミオーやフェラスらを育て、また自国の音楽家を指導して大成させ、楽界に大きな功績を残す。作曲家としても活躍し民族的色彩の曲「ルーマニア狂詩曲」(1901年〜’02年)は有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1881年8月19日
ルーマニアのバイオリニスト,作曲家
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android