ジョルジョ アメンドラ(英語表記)Giorgio Amendola

20世紀西洋人名事典の解説

ジョルジョ アメンドラ
Giorgio Amendola


1907 - 1980
イタリアの政治家,共産党指導者。
元・内閣官房長官,元・立憲議会下院議員。
自由主義政治家だった父がファシストに襲撃され死亡した後、非合法下のイタリア共産党入党。逮捕・流刑を経験し1937年フランスに脱出、国外での反ファシズム運動を指揮する。’43年に帰国後、レジスタンス運動のリーダーの一人となる。第二次大戦後は政府の要職を歴任、イタリア共産党の党内右派を代表して活躍した。著書には「反ファシズム運動」(’76年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android