コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョン・モークリー じょんもーくりー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ジョン・モークリー

最初の汎用コンピューターENIACの発案者。1907年生まれ。1925年、米ジョンズ・ホプキンス大学に入学し、1932年に物理学の博士号を取得している。1941年、分子エネルギーの計算などを行っていたジョン・モークリー氏は、高度な計算を可能とする汎用コンピューターの構想を温めていた。そのコンピューターの開発のために、米ペンシルバニア大学のムーア・スクールで開かれた電気工学講座に参加したジョン・モークリー氏は、ジョン・プレスパー・エッカート氏と出会い、汎用コンピューターの構想を確立していく。当時は第二次世界大戦の最中であり、陸軍の弾道研究所が弾道計算のために高速なコンピューターの開発を必要としていた。ジョン・モークリー氏の汎用コンピューターの構想を知った陸軍が支援することになり、1944年、汎用コンピューターENIACの開発プロジェクトが始まった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ジョン・モークリーの関連キーワードコンピュータモークリージョン・アタナソフジョン・プレスパー・エッカート第1世代コンピュータエッカートモークリーインテル(半導体メーカー)ENIAC計算機械

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android