コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョン・モークリー じょんもーくりー

1件 の用語解説(ジョン・モークリーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ジョン・モークリー

最初の汎用コンピューターENIACの発案者。1907年生まれ。1925年、米ジョンズ・ホプキンス大学に入学し、1932年に物理学の博士号を取得している。1941年、分子エネルギーの計算などを行っていたジョン・モークリー氏は、高度な計算を可能とする汎用コンピューターの構想を温めていた。そのコンピューターの開発のために、米ペンシルバニア大学ムーアスクール開かれた電気工学講座に参加したジョン・モークリー氏は、ジョン・プレスパー・エッカート氏と出会い、汎用コンピューターの構想を確立していく。当時は第二次世界大戦の最中であり、陸軍の弾道研究所が弾道計算のために高速なコンピューターの開発を必要としていた。ジョン・モークリー氏の汎用コンピューターの構想を知った陸軍が支援することになり、1944年、汎用コンピューターENIACの開発プロジェクトが始まった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョン・モークリーの関連キーワード汎用コンピューターミニコン大型コンピューター専用コンピューターコンピューターアートハイブリッドコンピューターミニコンピューター大型汎用コンピューターボードコンピューター無停止コンピューター

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone