ジョージ グレーガン(英語表記)George Gregan

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ジョージ グレーガン
George Gregan
ラグビー

ラグビー選手
生年月日:1973年4月19日
国籍:オーストラリア
出生地:ザンビア
経歴:南部アフリカのザンビアでオーストラリア人の父とザンビア人の母との間に生まれ、1歳で父の祖国オーストラリアに移住。幼少からラグビーに親しみ、14歳でSO(スタンドオフ)からSH(スクラムハーフ)に転じて頭角を現す。1994年対イタリア戦でワラビーズ(オーストラリア代表)にデビュー。代表4試合目にして“ザ・タックル”と語り継がれるプレーで世界にその名を知らしめた。’95年W杯デビュー。’99年副将として臨んだW杯で優勝、2001年より代表主将を務め、2003年W杯準優勝。オーストラリア代表として世界歴代最多の139キャップ(国代表同士の試合出場記録)を誇り、代表主将としても同国最多の59試合に出場。2007年代表を引退。W杯出場4回。1996年スーパー12(後のスーパー14,現・スーパーラグビー)創設以来、ACTブランビーズに所属。2007年のW杯後、フランスのトゥーロンでプレー。2008年6月元オーストラリア代表監督エディー・ジョーンズがテクニカルアドバイザーを務める日本ラグビーのサントリーに移籍。2011年2月来日初タイトルとなった日本選手権優勝を最後に現役を引退。抜群の運動量と判断力を持ち、柔道仕込みの鋭いタックルで知られた。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android