ジョージ・ジョンストン ストーニー(英語表記)George Johnstone Stoney

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・ジョンストン ストーニー
George Johnstone Stoney


1826.2.15 - 1911.7.5
アイルランドの物理学者。
元・クィーンズ・カレッジ自然哲学教授。
オークリーパーク生まれ。
1852年からアイルランドのクィーンズ・カレッジ教授となる。スペクトル線と原子内での振動状態との関係を解明するため尽力。1873年より、大英科学振興協会の「単位の選択と命名に関する委員会」に加入。翌年ベルファストで開催された同協会の会合で、「電気の絶対単位」について発言。1891年最小の電荷を定義する「エレクトロン」という用語を使用する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョージ・ジョンストン ストーニー

生年月日:1826年2月15日
アイルランドの物理学者
1911年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android