ジョージ・ノーマン ダグラス(英語表記)George Norman Douglas

20世紀西洋人名事典の解説


1868.12.8 - 1952.2.15
英国の外交官,小説家。
オーストリア生まれ。
1893年外交官となり各国に駐在し、1901年退職した。地中海風物を愛した彼は、カプリ島に住み、創作活動をした。詩的散文で地中海の孤島の生活を描いた小説「南の風」(’17年)で名声を得、その後「ひとりで」(’21年)、「はじめに」(’28年)、「彼ら三人」(’30年)等発表。小説の他に「シレーヌの土地」(’11年)、「古いカラブリア」(’15年)などの旅行記を書いている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android