コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージ・ワシントン(米海軍の原子力空母) じょーじわしんとん/べいかいぐんのげんしりょくくうぼ USS George Washington CVN‐73

1件 の用語解説(ジョージ・ワシントン(米海軍の原子力空母)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ジョージ・ワシントン(米海軍の原子力空母)

ニミッツ(Nimitz)級原子力(推進型)空母の6番艦で、2008年夏に通常推進型のキティ・ホークCV‐63に代わって横須賀配備(母港化)になる。1992年に完成。満載排水量10万4178t(2005年時)、全長332.93m、全幅(飛行甲板最大幅)76.83m、喫水11.7m、原子炉2基、蒸気タービン4基4軸で30kt以上。喫水がキティ・ホークより約0.5m増えるため、横須賀の12号岸壁の浚渫(2m)が行われる。50年の設計耐用寿命中の核燃料交換は1回だけで、2015〜18年の長期オーバーホール(RCOH)時に予定されているから、以後は別の空母が横須賀配備になる。艦固有の乗員は士官161人、下士官兵3002人の合計3163人だが、空母航空団の1700〜2500人(航空団によって異なる)と、空母打撃群(空母を中心とする水上艦と潜水艦部隊)の司令部要員60〜70人も乗艦する。航空団の標準的な構成は、F/A‐18戦闘攻撃機48機(4個航空隊)、EA‐6B電子戦機4機、E‐2C早期警戒機4機、SH/HH‐60B/F/H対潜・救難ヘリコプター6〜9機で、航空団の本拠地厚木基地から岩国基地に移る場合、固定翼機56機とヘリコプター1〜2機、航空団所属員の大半が対象になる。

(江畑謙介 拓殖大学海外事情研究所客員教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョージ・ワシントン(米海軍の原子力空母)の関連キーワード原子力原子力工学日本原子力研究所ニミッツAEA原子力保険プールSNAP原子力2法人統合原子力空母ジョージ・ワシントン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone