コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンガサハムシ Aspidomorpha difformis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジンガサハムシ
Aspidomorpha difformis

鞘翅目ハムシ科。体長 9mm内外。外形円形に近く,扁平で,背面がわずかにふくらむ。前胸背,上翅ともに周縁は体より広く張出し,淡黄色で透明。上翅の中央部とそこから肩部および後方への張出しは暗褐色で,生時は上翅が美しい金色に輝く。頭部は前胸背下に完全に隠れ,背面からは見えない。成虫は5月頃現れ,ヒルガオの葉を食べる。日本全土に産し,朝鮮,東シベリア,中国に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のジンガサハムシの言及

【カメノコハムシ】より

…幼虫は前述のように脱皮殻や糞を尾端に残す習性がある。ヒルガオを食するジンガサハムシ,アザミ類を食するアオカメノコハムシ,ボタンズルなどを食べるコガタカメノコハムシ,ムラサキシキブ,ヤブムラサキを食べるイチモンジカメノコハムシ(イラスト)などがこの類である。【林 長閑】。…

※「ジンガサハムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジンガサハムシの関連キーワード林檎陣笠金花虫カメノコハムシ昆虫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android