ジンヨウイチヤクソウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジンヨウイチヤクソウ
じんよういちやくそう / 腎葉一薬草
[学]Pyrola renitolia Maxim.

イチヤクソウ科の多年草。葉は常緑で根生し、腎円(じんえん)形で表面は脈に沿って白い斑(ふ)がある。6~7月、高さ6~15センチメートルの花茎に白色の5弁花を下向きに開く。亜高山帯の針葉樹林内に生え、中部地方以北の本州、北海道、および東北アジアに分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android